CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


RECOMMEND
いぬdeco?作って・食べて・使って・散歩して
いぬdeco?作って・食べて・使って・散歩して (JUGEMレビュー »)

作って楽しい!食べてオイシイ!
使って便利!がつまったオススメ本デス!
~愛犬と一緒に楽しむヨガ~DOGA(ドガ)
~愛犬と一緒に楽しむヨガ~DOGA(ドガ) (JUGEMレビュー »)

チリちゃま。なんちゃってDOGA(ドガ)
楽しんでるでちゅョ!




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2009.11.08 Sunday | | - | - | - |
「モービルNyan号」で健診してみませんか!?
ペッパは体重だけが問題だねぅ。
無料ってママが好きな言葉でつ!by.ペッパ

Dr.Wan Clinic NEWS ヨリ
ワンちゃん・ネコちゃんの 無料健康相談食事相談 を行います!
お食餌のサンプルをプレゼントいたします!

ワッ! 12月10日(土)・11日(日)am10:00〜pm8:00

ワッ! ViVit SQUARE 1F スーパーバリュー前

病院 Dr.Wan Clinic
千葉県船橋市浜町2-2-7 ViVit SQUARE
佐倉市にある動物病院経営のクリニックです。
サプリメントの販売、各種ワクチン接種、健康相談など



にほんブログ村 犬ブログへ
お散歩ついでに行っとくぅ!?

■ 【成田ゆめ牧場】 牧場直送のクリスマス豪華ご馳走セット

■ 【とり農園】 究極鮮度の鶏肉を農場直送!

■ モチモチ!自家製生パスタでいただく元祖シチリアの母の味!
| 2005.12.10 Saturday | 07:27 | ワンの健康管理 | comments(0) | trackbacks(0) |
無料で皮膚チェック!
耳より情報なりョ!
チリちゃま。ジンジャから、耳よりなお知らせなり〜!

お散歩ついでに “料で膚チェック!” 行っとくでちゅ!??
10月9日(日)・10日(月)pm4:00〜pm6:00

病院 Dr.Wan Clinic
千葉県船橋市浜町2-2-7 ViVit SQUARE
佐倉市にある動物病院経営のクリニックです。
サプリメントの販売、各種ワクチン接種、健康相談など



にほんブログ村 犬ブログへ
皮膚チェック行っとくぅ!?

【PR】ホームページで広告収入をゲット!A8.net
| 2005.10.02 Sunday | 16:17 | ワンの健康管理 | comments(0) | trackbacks(0) |
肥満度チェック
1疏やさねば!
ビックリ!6舛ってた〜ヤバイ!!

【肥満になると起こりうる病気】
糖尿病・骨格疾患・心臓・循環器系の病気etc
肥満とは、体重が適正体重の15涌幣紊砲覆辰討い襪海函
オヤツは(間食)は主食の2割程度におさえましょう。
オヤツをあげる分、主食を減らしましょう。

チリちゃま。 ペッパ

散歩ついでに“無料で肥満度チェック”を開催しているDr.Wan Clinicへ。
チリペパジン、手作りごはんにしてから徐々に徐々に体重が減っていった。
(極端にではなく、緩やかなカーブを描くような感じ。)
特にチリは、骨のごつごつした感じがわかるほどに。
ちょっと痩せすぎかもと思っていたので、触診してもらえて、
適正体重、摂取カロリーまでアドバイスしてもらえるなんて
本当にアリガタイ!!

見る Chili:現在の体重5.78羨理想体重6.72
   Pepper:現在の体重8.8羨理想体重8.8
   Ginger:現在の体重6.76羨理想体重7.86
   ※ボディコンディションスコアを基に計算されてます。
続きを読む >>
| 2005.05.07 Saturday | 12:08 | ワンの健康管理 | comments(2) | trackbacks(0) |
耳チェック
チェック中〜
汚れはないかな〜!?

お耳の中、覗いたことありますか!?
お耳の構造知ってますか!?

キレイなお耳
正常なキレイなお耳の見本。

カユイカユイなお耳
炎症を起こしてるお耳の見本。
続きを読む >>
| 2005.04.12 Tuesday | 05:00 | ワンの健康管理 | comments(0) | trackbacks(0) |
『老犬介護セミナー』
LIVING WITH DOGS主催のセミナーへ参加してきた。(2005.02.11)
訓練士 ごしまれいこさんの講演、獣医師 植松先生の講演、
『ゲストハウス・バーネットヒル』オーナー入江さんの講演、
どの方も、犬とのかかわりが深いだけにたいへん興味深く、
改めて気づくこともたくさんあった。
毎日犬と暮らしていても、わかってるつもりでいるだけで、
まだまだ知らないことはいっぱい。


■『犬そだて(こそだて)』ごしまれいこさんの講演

最初に一言“今、介護で疲れてる人はいませんか”との問いが。
幸い会場には辛いと言う人はいなかったけど、とにかく何でも前向きに
機転を利かせて介護を楽しんで欲しいとのことだった。
講演は著書 『うちの犬そろそろトシかしら』 からイラストを見ながら、
老犬と暮らすポイントなどを重点的に。
老犬について、想像もした事がなかったが気づかされる点がたくさん。
例えば、いざ老犬になった時、排泄を促すのも私たちの役目。
言われるまで気づかなかった〜。
毎日一緒に過ごしている分、気づかないうちに耳が遠くなってたりする
なんて事もあるらしい。
本はすべて実体験から書かれているし、役立つこと間違いなしでしょう。
興味のある人はぜひ!


昭島動物病院 獣医師 植松先生の講演

歯周病/肥満/喫煙
この3つ、何だと思います!??
犬たちの寿命にかかわる、最低限気をつけてあげるべき事。
いずれも、私たち飼い主が管理していけば防げる事。
犬に喫煙!??って思うでしょ。
飼い主がタバコを吸う人吸わない人では、リンパ腫の発症率が違うそう。

パパには、タバコの後はチリペパジンに近寄るなと警告してやったわ!


【去勢で回避できる疾患】
1.肛門周囲腺腫(ただし癌はさけられない)
2.前立腺疾患
3.会陰ヘルニア(10歳以上の♂特有の疾患)
4.睾丸の腫瘍
 □停留睾丸のある場合…腫瘍化する可能性が非常に高い

【避妊で回避できる疾患】
1.子宮蓄膿症
2.乳腺腫瘍
3.糖尿病
4.卵胞蒙腫
5.子宮筋腫

我が家の3頭は、病気の予防を考えて、去勢・避妊手術すみ。
もし迷ってる人がいたら、上記の事などよ〜く考えてみて欲しい。
飼い主さんが自分自身で考えて結論を出して欲しいし、
犬と暮らす以上ワンたちの健康管理だって責任もって欲しいもの。
高齢になれば、麻酔などのリスクも当然大きくなる事をお忘れなく。


■『ゲストハウス・バーネットヒル』オーナー入江さんの講演

“犬との暮らしが本当に素晴らしいのは、
老犬(高齢)になってから感じられる”

この言葉、とにかく心に残った、響いてきたとでも言うのかな。
入江さんと、犬たちとの関係がこの言葉につまってるよね。
仔犬時代も、成犬時代もきっと素晴らしいものだったと思う。
だからこそ、老犬になってからも一緒に楽しめて
素晴らしいと思えるんだよね。私もそうでありたいな。


見る LIVING WITH DOGS
| 2005.02.13 Sunday | 23:25 | ワンの健康管理 | comments(3) | trackbacks(0) |
「ペットを病気にしない」セミナー
「もう迷わない!ペットの健康ごはん」

本村伸子先生のセミナーに参加した。
本を読んだ人も多いだろうし、興味を持ってる人も多いと思う。
セミナーに参加するたびに、ワンたちの健康について考える。
我が家は全部手作りとはいかず、朝はどうしてもフードに頼ってしまう。
6月に初めて本村先生のセミナーを聞いてから
少しずつ手作りに移行してきた。
これからもムリのない程度に、手作りは続けていきたい。
チリペパジン、本当に喜んで食べてくれますの。
確かに毎日カリカリゴハンじゃね〜
やっぱりペットフードって何だかコワイ

もし何の疑問もなくペットフードを与えてる飼い主さんがいたら
ぜひ一度本に目をとおして欲しいなぁ。

本村先生が、先生なのは私でもこの本でもなく、
みなさんと暮らしてる犬たち
と言っていた。う〜ん納得!
犬たちをみてれば、いろんなメッセージが伝わってくる!
続きを読む >>
| 2004.10.03 Sunday | 23:08 | ワンの健康管理 | comments(0) | trackbacks(0) |
皮膚病セミナー
DOG FAN「犬の学校」主催の皮膚病セミナーへ参加した。
健康体のチリペパジンでも、唯一気がかりなのは皮膚。
特にチリちゃま、夏場になるとカイカイ。胸やらハゲてしまいますの。
今回はいいお勉強の場なのだ。

チリッパゲなんて言わないで〜!

アトピー性皮膚炎・ノミアレルギー性皮膚炎の講義
スライドを見ながら、皮膚の構造、成長過程について知る。

皮膚(表皮)は、通常20〜25日の期間で成長を繰り返す。
ゆっくり成長し、アカやフケとなりまた新たな成長をする。
角質に異常があると、成長期間も短くなる。

あまりに早い周期でフケが出るようなら、皮膚に異常があるのかもと
考えた方がいいかもしれません。

毛の成長には成長期(毛が伸びる)→退行期→休止期(毛が抜ける)と
3つの時期がある。毛は1本1本サイクルが違う。
一度にごっそり抜けてる場合は、ホルモンの異常が考えられる。
左右対称に脱毛がある場合、体全体どこかが悪い、
右側だけに脱毛があるなら、体の右側に問題があるのかもと考えられる。

遺伝によって脱毛してしまう場合もある。
アプリコットなど改良を重ねてきた色は、メラニンのバランスに
問題が出ている場合がある。

アトピー性皮膚炎は完治する事がないそう。
3歳以下で発症する事が多く、キャバリアも好発犬種に入る。
(他にはウエスティ、柴、ゴールデン、アメコカ、フレブルなど)
腋下、内股、など皮膚が擦れる部分に出る。

実際に治療法なども紹介されたが、とても根気のいるもの。
一番大変なのはワンたちだけどね。

私たちが日常に出来る事で、重要なのがブラッシング
ブラッシングは通気性もよくなりとても重要な事だそうだ。
毎日何気なくやってるものの、フケは出てないかなど
意識してやってあげる事にしよう。

犬たちも紫外線の影響をうけて日光皮膚炎になるとの事。
(鼻先が赤くなったり、脂毛になる)
特に鼻先は要注意で、人間用のサンスクリーンで予防するといいそう。
(15〜30のものをマメに塗る事。)
続きを読む >>
| 2004.09.11 Saturday | 19:04 | ワンの健康管理 | comments(2) | trackbacks(1) |
| 1/2PAGES | >>